田中かすみのブログ

【文京区情報】3.11「徒歩で帰宅」3割 「買いだめした」1割

田中 かすみです。

 

本日付の読売新聞で、3,11の大震災を巡り、都民4000人を対象としたアンケートがでていました。

 

外出中だった都民の34%が、徒歩で帰宅していたことが分かりました

。震災発生時、「職場にいた」と答えたのは約40%。約38%は自宅と回答。外出中だった都民のうち、自宅に帰れなかったと回答したのは、全体の約17%に。1割の方が買いだめしたと告白しています。

 

やはり急務なのが帰宅困難者対策!

前回の定例会で、私も質問の中に、私立学校に通う親御さんからの悲痛な声をあげ、訴えました。

今回の震災で、JRは駅を封鎖し、その方の児童は知らない駅に出されましたが、同じ制服の上級生に声をかけられ、「ここからなら学校へ戻れる」と、歩いて学校に戻り、事なきを得たそうです。

私の周りの私立学校に通うお母さんたちに聞いてみると、学校の対応は本当にまちまちでした。

 

そんな中、先日の都議会本会議代表質問で、谷村議員が質問に立ち「幼稚園や学校等で子供たちを一定期間預かるような取り組みの実現に向け、必要な支援策を検討すべきだ」と訴えました!

 

教育長、担当局長は、児童生徒が在校時に発災した際、保護者が迎えに来るまで保護する、必要な食糧、毛布などの物資を備蓄できるよう、今後、補助制度の周知徹底を図り、児童生徒の帰宅困難者対策を進めていく。」と答弁。都議会の議員団の皆様の尽力により、今までの対応から随分改善されました。ほんとうにありがとうございましたニコニコ

 

私立学校は、東京都の管轄。そういった区を超えた課題に対し、このようなネットワーク力が公明党の真骨頂。

これからも、区民の皆様の声を、区政、都政に働きかけてまいります。

 

文京区議会議員 田中かすみ(香澄) オフィシャルページ-子どもと

PAGE TOP