田中かすみのブログ

ワカモノの「結婚」を応援したい‼︎

ワカモノの「結婚」を応援したい‼︎

本日は文京区議会で厚生委員会が開催。

 

{3EC74745-B0ED-4041-BD78-BD8820DA7B03}

 

「ぶんきょうハッピーベイビープロジェクト」の取り組みの報告がありました。

この事業は今年で4年目になります。

改めての目的を確認。

「子どもを望むすべての区民が安心して子どもを産み、育てられるよう、区民自らの主体的な健康維持・増進に向けた取組みを支援するとともに、妊娠・出産等に関する正確な情報を提供していくため、ぶんきょうハッピーベイビー応援団を設置し、区における少子化対策の推進を図ります。」です。

この4年間、①ぶんきょうハッピーベイビー応援団会議の開催②「ハッピーベイビー健康相談」窓口の周知及び相談実績③区民に対する周知・啓発事業(中学生用学習教材、ライフプラン学習冊子、ぶんきょう子育てフェスティバル、区内大学でのブース出展、ハッピーベイビー講演会、「PAPA&MAMA START BOOK」)をやってきました。

応援団に、丸の内保健室の細川もも氏やサイボウズの青野社長など錚々たる方々がおられます。

この応援団の皆様からのアイデアが素晴らしいので、他自治体からの視察もわんさかきているようです。

しかし気になることに、妊娠・出産の前の「結婚」に事業が落とし込まれていない⁈

すると課長が「今年度、新規で文京区内企業社員向けライフデザイン交流会を実施する。東京都地域少子化対策重点推進校付近を申請、もし通れば7月に決定する。」と。

これはライフプランデザインブックという冊子を使います。

こちらをご覧ください。

 

 

http://www.city.bunkyo.lg.jp/var/rev0/0129/4577/20162183424.pdf

交流会からの連絡先交換・・・何て発展もあるかもです。

出会いを作りたい方は、どうか楽しみにしていてください。

また、ハッピーベイビー相談が実績3件⁈

この事業の対象者となる20〜30代は、一番自治体とはタッチポイントがない世代だそうです。

であるならば、若者に特化した「ワカモノ応援課」というような課を創設してはどうか。

子育て、高齢者、障害者などがあるのに、文京区の宝、ワカモノに特化した課がない。

仕事、結婚、ボランティア、スポーツ、健康などなど。。

ユーザー目線で考えると、ハッピーベイビー事業が健康推進課というのは、

ピンとこないかもしれません。

組織編成も視野に入れて、ぜひ、若者目線でより良い相談事業等を行っていただきたいと

訴えるものです。

PAGE TOP