田中かすみのブログ

汐見小の通学路に子どもたちの交通標語が横断幕になりました〜6ヶ月のエピソード〜

皆様、嬉しい嬉しいご報告です😊

 

半年がかりのプロジェクトが結実しました‼️

 

なんと、汐見小通学路に横断幕がついたのです❗️

 

 

 

事の始まりは、通学路の混雑を毎日目にしていた

スクールガード、元汐見小の会長、深澤さんが

「何とかして子供たちの通学路の安全対策をしてほしい」との

声がきっかけでした。それは6月。

 

このところ汐見小は、人気急上昇で、

児童数が増加の一途。

さらに、通学路を正規に戻した経緯もあり、

今まで以上の混雑が起こっていました。

 

団子坂の一番急な坂道。しかも、歩道は一番狭隘な場所を

朝の通勤通学者がわっと通ります。

 

すれ違うのも一苦労で、雨の日は傘がぶつかり、

怪我や事故が常に心配されていました。

 

区の道路課に相談しましたら、

ここは都道。区では何もできないと。

えー、区が音頭とってやってよーーーー💢

と、少々憤りを感じながら、

私がやるしかない、と腹をくくり

プロジェクトが始まりました。

 

「まず何からやろう」

しばし悩みましたが、関係者を一堂に会して

現場検証をしようと思いました。

 

早速、学校、PTA、町会、警察、第六建設事務所に

声をかけ、現場で何ができるか、あーでもない、こうでもないと

検証会をやりました。

 

なかなか動き出してもらえず、

深澤さんと第六建設事務所に直談判しにも行きました。

結果、レアケースとのことで、

後日、申し訳ないが、対策が何もないとのこと。

 

そんな!

 

再度、区の道路課と教育総務課に相談し、

教育委員会と警察と地域支援本部から

第六建設事務所にお願いをすることになりました。

 

多くの書類も学校に整えてもらい、警察にも

応援いただき、無事、昨日の運びとなったのです。

 

ここまで半年かかりました。

 

この間、標語は全校児童に呼びかけ、

優秀作品を4点、選んでいただきました。

 

12月14日、横断幕のお披露目式には、

声を寄せて下さったスクールガードの深澤さんはじめ、

全6年生と教職員、教育委員会、二つの町会長さん、

地域の方々、警察と

ご尽力頂いた皆さんで行いました。

 

紆余曲折、茨の道でしたが、

合言葉は「子どもたちの通学路を安全に通れるようにしたい!」

この一点がぶれずに取り組めたから、ゴールできたんだと思いました。

 

区の管理課長さん、第六建設事務所の所管課長さんにもお礼を申し上げます😊

 

嬉しくて、嬉しくて、みなさんと健闘を称えるかのように

握手を交わし、忘れられない日となりました。

 

素晴らしい子どもたちの宝の標語を多くの皆様の目に止まりますように。

 

そして、言葉通り、安心安全な通学路であり続けるように、

これからも、安心安全なまちづくりに全力で取り組んでまいります✊

 

PAGE TOP