田中かすみのブログ

【もうすぐ実現!】赤ちゃん登校日

皆様、こんにちは!

田中かすみです。

本日は、建設委員会、厚生委員会(2日目)を傍聴しています。

今、お昼休憩に、ツボを押してリフレッシュしています!

本日は、昨日の文教委員会のご報告をします。

14項目の審議が終わり、14:40頃から一般質問に入りました。(審議内容も、アップしていきます!)

私は、文京区公明党が提案した『子どもの人との関わりを学ぶ教育の創出を!』に対する現時点での進捗状況を伺いました。

はじまりは、 平成23年第4定例会の代表質問の中で取り上げた『赤ちゃん登校日』の提案、今から2年と1ヶ月前のことです。

3.11以来、人とのつながり、絆の大切さが重要視されてきました。そこで、子供達の人との関わりを学ぶ教育の創出の提案をいたしました。例えば、赤ちゃんとお母さんを学校に招き、赤ちゃんのお母さんにお話を聞いたり、実際に抱っこさせてもらうなどする体験を通し、命の尊さを学んだり自尊感情を高める機会になった、という他自治体の先進事例があります。

先日も、文教委員会で札幌市の『子育て総合支援センター』を視察してまいりました。都心のど真ん中に、小学校、自動会館、保育園、子育て支援センターが入る複合施設で、子育て支援施設が、一箇所に集まっているので、特色ある事業展開をしていました。複合施設ならではの互いの交流事業の中で、『赤ちゃん登校日』に似ている、赤ちゃんとのふれあい事業を展開していました。経験した児童生徒から、自分もそうやって大切にされてきたんだと感じ、改めて自分が幸せと感じた等、学びや気付きが沢山あったようです。

文京区の進捗状況を伺ったところ、汐見子育て広場に第八中学校の生徒が訪問する事業を検討中で、日程調整中だそう。実現までもう一歩ところまで来ました!また、ご報告いたします(*^_^*)

Android携帯からの投稿

PAGE TOP