田中かすみのブログ

成人の日記念街頭〜文京シビックセンター前にて〜

皆様、こんにちは🤚

文京区議会議員の田中かすみです😊

この度、晴れて成人式を迎えられた皆様、

またご家族の皆様に、心からお祝いを申し上げます🎉

文京区公明党区議団と青年局は、1月13日、シビックセンター前にて、成人の日記念街頭を行いました🎤

私たちは、青年が夢と希望と誇りを持って、幸せに生きる社会の実現に向けて、

全力で働いていく政党です。

どうか今後とも「青年政党」・公明党、「若者の味方」・公明党へ

皆さまの貴重なご意見をお寄せください。そして力強いご支援をどうぞ宜しくお願いします!

 

 

以下、スピーチの内容です。

 

少子高齢化という時代にあって、公明党は、未来を担う新成人の皆様が、安心して活躍することができる社会の実現を目指していきます。

公明党は、これまでも、若者世代との懇談会「ユース・トーク・ミーティング」を全国各地で積極的に行ってまいりました。また、学生の皆様との懇談会も全国で推進。本年も、若者の皆様からいただいた「声」を、政策提言として政府に届ける予定です。「声をカタチに」。「青年政党」公明党は、若者の声を、しっかりと政策に反映してまいります。

これまでも公明党は、全国規模のアンケート調査「ボイス・アクション」運動を行い、青年の声を集約し、政府に提出してまいりました。それが今、大きく実現しています。

2016年に実施したボイス・アクションでは、「不妊治療支援」の声を多くいただきました。そこで、公明党は不妊治療の助成金の拡充を推進。不妊治療へ公費投入を進め、女性だけではなくて、2019年度の予算においては、男性の不妊治療にも、初回30万円の助成がなされることになりました。

同じくご要望の多かった「幼児教育・保育の無償化」も、昨年10月よりスタートしました。昨年末に公明党が実施した無償化実態調査アンケートの結果では、利用者の約9割の方から良い評価をいただきました。併せて、保育士の処遇改善、保育の質向上といったご要望にも着実に取り組んでまいります。

更に、「婚活や新婚世帯に対する支援」を求める声も多くいただきました。2016年には新婚世帯に最大30万円を補助する「結婚新生活支援事業」を創設。実施自治体も263自治体(19年10月30日時点)を超えております。

次に、昨年のボイス・アクションでいただいたご要望も着実に前進しています。学生の皆様から特にご要望の多かったのが「携帯電話料金の削減」です。公明党もこれを推進し、電気通信事業法を昨年5月に改正。端末代金と通話料金の完全分離を義務づけるとともに、途中解約の違約金を上限1000円までに規制しました。

加えて、「電車内の無料Wi-Fiの整備」の声も多くいただき、新幹線はほぼすべて整備。地域鉄道の車両も順次拡充しています。公衆無線LANの拡充と併せて、情報インフラの整備を着実に進めてまいります。

「最低賃金全国平均1000円」の要望も多数いただいております。公明党は、これまでも着実な賃金アップに取り組み、その結果、2016年から2019年の3年間で、最低賃金を798円から900円以上(19年10月時点)に増額することができました。引き続き経済の好循環を促し、着実な最低賃金アップを目指します。

「奨学金返済の支援」にも強いご要請をいただいています。この対策のひとつとして、地元企業への就職等を前提とした奨学金の返済支援「地方創生・奨学金返還支援制度」を推進。現在、32府県で実施されています(18年度、19年度)。また、「企業版ふるさと納税」の一環として、企業が従業員の奨学金返済支援を行うことを推進し、その運用の改善(地方創生交付金と併用可)も進めてきました。引き続き、奨学金の返済負担の軽減に努めるとともに、若者の力による地域の活性化を後押ししていきます。

公明党は、引き続き、ボイスアクションやユース・トーク・ミーティング等も通じて、若者の皆様の声を聴き、政治に届け、しっかりと形にできるよう、全力で取り組んでまいります。

公明党は、青年が夢と希望と誇りを持って、幸せに生きる社会の実現に向けて、全力で働いていく政党です。どうか今後とも「青年政党」・公明党、「若者の味方」・公明党への力強いご支援、ご指導をお願い申し上げます。

PAGE TOP