田中かすみのブログ

いだてん青春の地・文京

「いだてん」をテーマとする文京区のプロジェクトが始動

こんばんは、文京区議会議員の田中かすみです。

大河ドラマ「いだてん」の主人公として話題の金栗四三(かなくり しそう)。青春時代は、ここ文京区で過ごしたことをご存じでしょうか。

金栗と文京の繋がり

文京区大塚にあった東京高等師範学校(現筑波大学)に進学した金栗は、寄宿舎のあった湯島聖堂あたりから、毎日走って通学していました。

そして校内長距離走大会での活躍をきっかけに、当時の校長であり、講道館柔道の創始者・嘉納治五郎にその才能を見出されます。

長距離ランナーとしてその頭角を現した金栗は、大塚仲町にあった足袋店「播磨屋」店主の黒坂辛作とマラソン用足袋を開発するなど、多くの方の支えを得て、ここ文京から日本人初のオリンピック出場を果たしました。

2020年へ向け、プロジェクト始動

文京区では、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の気運醸成および観光振興を目的に、「いだてん」登場人物に関する様々な事業を展開しています。金栗にゆかりのある地を巡るスタンプラリーなど企画されていますので、ぜひ文京区ホームページをご覧ください。

大河ドラマ「いだてん」主人公金栗四三青春の地・文京区プロジェクト

また本作をきっかけに、お互い金栗にゆかりのある熊本県玉名市と文京区は、年内にも友好協定を締結することが決まりました。締結日など詳細は両者の間で検討中です。

PAGE TOP